まつエクをする時の注意点

自宅でまつエクを自分で行えるか自信のない方も多いと思います。

手先が不器用でもできるか心配な方もいらっしゃると思いますが、だんだんと慣れてきますのでご心配なく。

エクステを使用する前には、準備が必要になります。

エクステをしはじめると、長い時間お顔を濡らすことができません。

そのため、お風呂に入った後に、行うことをおすすめします。

また、油分があるとグルーと呼ばれる接着ノリが上手に肌につきません。

お風呂上りには、化粧水などで保湿することはできますが、目のまわりだけは、クリームなどの油分の強いものは、のせないようにお願いします。

また、前髪があると、目元にかかり作業が困難になる時があるので、ターバンなどで額をすっきりと出しておくとよいでしょう。

その他には、自立できる鏡があると、とても便利です。

まつエクのポイントの簡単な説明書がついている場合が多いので、事前に目を通しておくと慌てずに済むのでおすすめです。

まつエクを行った際、エクステ装着後の注意点は、グルーと呼ばれる接着剤は油に弱いため、顔を洗う時は、クレンジングはミルク・リキッド・ジェルタイプがおすすめです。

摩擦をしないように、そっと押さえながら浮き出させるつもりで、クレンジングを行うとよいでしょう。

保湿クリームも、オイルクリームで保湿すると取れやすくなります。

洗顔後は、ドライヤーで下から根本を目指して乾かすと、長持ちします。

また、メイク時は、ビューラーを使用すると、形が崩れてしまうので、使用はできません。

綿棒やコットンを使用する際には、エクステに絡まってしまう場合があるので、注意が必要です。

日常的には、ダメージを与えないように、そっとエクステに触らないように扱わないといけません。

エクステが抜け落ちないように、タオルで顔を拭く時はそっと押さえるのみ、枕もこすらないように、仰向けで眠るのがおすすめです。

まつエクをしていると、自まつげが細くなったり、痛みやすくなってしまいます。

自まつ毛のケアでおすすめの美容液が販売されているサイトがあります。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。